コース紹介

ヤーデージ

■OUTコース

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
PAR 4 5 4 3 4 4 4 3 5 36
HDCP 9 3 17 13 1 15 5 11 7  
CHAMPION 392 573 401 173 401 341 367 200 596 3,444
BACK 379 528 401 167 367 341 360 186 579 3,308
REGULAR 358 496 370 151 359
322 355 168 535 3,114
LADIES 332 466 337 132 327 294 336 153 502 2,879

■INコース

HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 TOTAL
PAR 5 4 3 4 4 4 4 3 5 36
HDCP 10 12 18 2 4 16 6 14 8  
CHAMPION 556 367 174 423 450 391 389 182 586 3,518
BACK 521 351 174 423 418 355 375 168 556 3,341
REGULAR 516 337 152 402 377
330 351 149 528 3,142
LADIES 482 299 132 387 301 322 343 130 450 2,846

各コース紹介

コース画像切替

HOLE1

PAR4

HDCP9

HOLE1

難易度 16 平均ストローク 3.933

緩やかなアップヒルのスターティングホール。
ティーショットはフェアウェイやや右サイドに打ちたい。

HOLE2

PAR5

HDCP3

HOLE2

難易度 11 平均ストローク 5.049

バーディ狙いではなく、パーセーブを考えるタフなホール。それにはS字に曲がったフェアウェイをキープすること。

HOLE3

PAR4

HDCP17

HOLE3

難易度 12 平均ストローク 4.031

ティから池越しに富士を眺める美しいパー4。
ほとんどフラットでフェアウェイも広くバーディを狙いたい。

HOLE4

PAR3

HDCP13

HOLE4

難易度 9 平均ストローク 3.063

ゆるい打ち上げ。
グリーンは4つのバンカーでガードされている。
奥のバンカーに入れると返しは下りで難しい。

HOLE5

PAR4

HDCP1

HOLE5

難易度 5 平均ストローク 4.103

20mほどの打ち上げで右にややドッグレッグしている。左の2つのバンカーを避け、確実にフェアウェイキープ。



HOLE6

PAR4

HDCP15

HOLE6

難易度 14 平均ストローク 4.009

距離がなく「3」が欲しいホールだが、「5」も出やすい。ドライバーで打ってサンドウェッジだが、アイアンで打っても第2打は8〜9番アイアン。
どちらの攻め方か注目。

HOLE7

PAR4

HDCP5

HOLE7

難易度 13 平均ストローク 4.013

第2打がやや打ち上げ。
距離がないのでショートアイアンで打てるが、4つのガードバンカーが効いている。
奥に外すと難しい。


HOLE8

PAR3

HDCP11

HOLE8

難易度 8 平均ストローク 3.076

風の方向、強さを読むのが難しいが、パー3のなかでは最もバーディが出やすいホールでもある。



HOLE9

PAR5

HDCP7

HOLE9

難易度 15 平均ストローク 4.964

打ち下ろしで、2オンも十分可能なパー5。ただし、それには第2打で左足下がりの傾斜から完璧なショットを打たなければならない。
3段グリーンなので、バーディを狙うには、ピンと同じ段に乗せたいところ。

HOLE10

PAR5

HDCP10

HOLE10

難易度 18 平均ストローク 4.710

インのスタートホールだが確実にバーディが欲しいホール。
フェアウェイは広くやや右ドッグレッグ。左サイドのバンカーに注意して左から攻めるのがベストルートだが…。

HOLE11

PAR4

HDCP12

HOLE11

難易度 3 平均ストローク 4.147

谷越えのティショットは風向きに注意。
ここもバーディが欲しいホールなので確実にフェアウェイキープ。グリーンは奥から手前への傾斜だけ。右からの芝目をどう読むかがキーポイントになる。

HOLE12

PAR3

HDCP18

HOLE12

難易度 5 平均ストローク 3.103

グリーンは左右に長く奥行きがないので、距離感が求められる。谷間からの風をどう読むのか注目したい。
ピンが奥にあっても余り突っ込みすぎると、奥に下っており、オーバーしやすい。

HOLE13

PAR4

HDCP2

HOLE13

難易度 2 平均ストローク 4.237

距離のあるパー4。
グリーンは横長で止まりにくい。
セカンドショットをグリーンオーバーに打ち、奥からのアプローチで攻めるのが良い。



HOLE14

PAR4

HDCP4

HOLE14

難易度 1 平均ストローク 4.353

ここも難関。ストレートな打ち下ろしで、グリーン手前の池はフェアウェイを左から右へクリークが横切っている。ただ、クリークからグリーンまでは距離があるので思い切ってグリーンを攻めたいところ。
プロの技術の見せどころだ。

HOLE15

PAR4

HDCP16

HOLE15

難易度 9 平均ストローク 4.063

フェアウェイ左サイド狙い。
ピンポジションが奥と手前では1〜2クラブ距離が違ってくる。
セカンドの距離感が勝負。



HOLE16

PAR4

HDCP6

HOLE16

難易度 4 平均ストローク 4.129

グリーンは大きく花道も広いので、ティショットで確実にフェアウェイをキープしてピンを狙いたい。
芝目はそれほど効いていないが、グリーンの傾斜は入り組んでいて易しくない。



HOLE17

PAR3

HDCP14

HOLE17

難易度 7 平均ストローク 3.089

美しいホールだが、風の影響が大きく、読み違えると大ケガもある。
左のカート道から風が抜けてくるので、ピンが右の場合、ダイレクトに狙うと右へ持っていかれる。
グリーンは奥から手前への傾斜。左のグラスバンカーに入れるとパーセーブが難しい。

HOLE18

PAR5

HDCP8

HOLE18

難易度 17 平均ストローク 4.911

この時期はフォローの微風が吹く。
第2打でグリーンを、ロングヒッターなら3、4番アイアンで狙える。ここは2オンを狙って欲しい。
最終ホールの攻防は見ごたえがある。



※改造工事中のため、一部文言が異なります。

※難易度および平均ストロークの値はシニアプロによる参考値になります。